命名に関する文字に関して。

命名とは、まだ名前がないものや人に対して名前を付けることである。

人に対して名前を付ける場合は漢字またはひらがな、カタカナと自由に選べるが漢字に関しては使える漢字に制限がある。

しかし読み方に関しては制限はなく音読み、訓読み、名乗りと呼ばれる伝統的な読み方が用いられる。

付けらた名前に対して、姓名判断などの占いも出来る。

姓名判断について考える

姓名判断とは、人の姓名からその人の運命や吉凶を判断して、運勢を占うことを指しています。

姓名判断は、中国の五行説や陰陽説の考えから生まれました。

五行説では、木、火、土、金、水の五行に関連する数字を、陰陽説では陰と陽を表す数字を利用して、姓名の字の画数から吉凶を判断します。

日本では、庶民が姓を名乗るようになった明治以降に広まりました。